株式会社 アイシーエスシステム研究所 ご利用規約  個人情報について

株式会社 アイシーエスシステム研究所
区切り線
製 品

支払管理ソフト支払上手くん9

支払上手くんでは、個々の取引先条件をあらかじめ設定しておくことで、支払方法・支払日・期日・依頼金融機関等をその都度意識せず、支払に関係するデータ入力を行うことができます。
入力した支払データを元に、管理用の様々な帳表や、金融機関に提出するための書類およびデータ等を作成できる支払管理システムです。

支払上手くん9の特徴

 1.支払日毎、支払金融機関毎などで集計した様々な帳表で支払を管理。
 2.金融機関提出用の振込依頼書およびFB(ファームバンキング)データファイルの作成。
 3.でんさいネットで使用する発生記録請求(債務者)データファイルの作成。
 4.振込支払だけでなく、現金、小切手、手形、期日現金、ファクタリング等にも対応。
 5.入力時の取引先、金融機関等のコードが分からない時は、一覧から50音検索して楽々入力。
 6.毎月の定額支払の場合はデータの一括作成が可能。
 7.CSV形式の取引先、支払データのインポート/エクスポート。
 8.「取引上手くん9」からの支払データ取込。
 9.「手形上手くん9」への支払データ転送。
10.社内LAN、VPN等による複数台同時入力。(※)
11.ICSの「Atlas財務db」,「経理上手くんα ProⅡ」との、仕訳データ受け渡し。(※)
12.約束手形と小切手の券面印刷。(※)
13.支払予定額を入力するだけで、取引先との約定に応じた支払データを自動生成。(※)

(※)印は、オプション機能となります。

支払上手くん

支払上手くん

システムの特徴

  • 頻繁に必要となる項目名称をマスター化し、検索機能にて画面表示。
  • 定時払データの自動作成。
  • 確定された支払データを、直接手入力することも可能。(支払データ入力処理)
  • ホストからデータのインポートにより支払データを抽出。(支払データインポート処理)
  • 作成されたデータから銀行に提出する振込依頼書の作成及びFBデータの作成ができます。
  • 全銀協コード登録マスター及び全国住所マスターの使用によりコード又は50音検索機能ができます。
  • 日本ICSのAtlas財務db, 経理上手くんα ProⅡへ仕訳転送
  • 取引上手くん9からの支払データ取込



・お客様の声にお答えしたシステム

毎月一定の金額を支払いがある場合には、取引先毎に支払額等の情報を設定することにより定時払振込データ作成し支払データを自動作成します。
操作性を考えたデザイン。 拡張性を重視した、支払管理ソフトです


・安心して使用して頂けるセキュリティー

管理者・使用者のセキュリティー
使用者別に処理可能な業務(プログラム)を設定可能


・導入から運用まで安心サポート

自社インストラクターによる操作指導(現地訪問・電話による対応)を行っております。
サポート体制も整っておりますので安心してご利用頂けます。


・お客様のニーズに合わせたカスタマイズもOK

経験豊富なSEがお客様のニーズに合わせたカスタマイズの提案をさせていただき納得したオリジナルシステムを作成する事も可能です。

動作環境
日本語OS Microsoft Windows 10/8.1/8/7
Microsoft Windows Server 2008/2012/2016
対応機種 上記日本語OSが稼動するパーソナルコンピュータ
CPU Intel Core2 Duo 2.0GHz以上推奨
メモリ 4GB 以上を推奨
ディスプレイ 日本語OSに対応したディスプレイ(1024X768以上推奨)
ハードディスク 10GB以上の空き容量が必須
データ領域は別途必要
プリンタ 上記日本語OSに対応したプリンター
データベース SQL Server 2012以降
必要なソフトウェア pdfファイルの読込が可能なソフトウェア
注)Windows7 Starterでは使用できません。








  ・取引先登録  
 
取引先登録画面
取引先登録では、住所や電話番号などの基本情報を登録管理が行え、台帳や宛名シールのなどの帳表をプリントアウトする事が出来ます。
日本郵便から無料提供されている「住所の郵便番号(CSV形式)」ファイルをダウンロードして頂ければ本システムにインポートする事ができ住所入力が簡単になります。郵便番号から住所検索や市区町村から郵便番号検索などが出来ます。
 
  ・支払データ入力(画像をクリックすると入力画面が表示されます。)  
 
データ入力画面
支払データ入力では、毎月支払が発生する定時払や取引によって発生した支払などの情報をデータ化する事によって毎月の支払(振込)額の管理が行え、また様々な形式の管理帳表をプリントアウトする事よって振込の情報管理が行えます。

毎月確定している定時払など振込データとして自動作成する事が出来るので大幅な入力作業の短縮が可能となりました。